Gallery SORA / SPACE kuu

HOMEGALLERY NOW

GALLERY NOW

坂田真由美さんの「まえかけ展」無事終了しました 

2014.04.07 Monday企画展│-

まえかけ作家、坂田真由美さんは昨年、岡山での個展の際にギャラリーそらにDMを送ってくださいました。
チルチンビト広場のWebでギャラリーそらのことを知り、岡山に近い所として挨拶程度にDMを送ってくださったようです。丁度ギャラリーで素敵なエプロンを作る人を探していたところだったので、早速、坂田さんにメールしたという訳です。そうしたらわざわざ鳥取へ作品を持って来てくださいました。その行動力に感心しましたし、エプロンではなくて「まえかけ」というところも面白いなぁと思いました。坂田さんのまえかけに対する想いやお仕事内容がプロフェッショナルだったもので是非取り扱ってみたいと思ったのです。4日間だけの企画展「まえかけ展」にご来場いただいたみなさんと「まえかけ」を通じてそれぞれの歩んでこられた人生が見え隠れして・・深いお話を聞かせていただきました。たかがまえかけ、されどまえかけ・・なんです。





ネパール産のサリーを裂いて依ったものを縁取りに縫い付けたというかわいらしいデティール。
先染めと織りのラオス製の布やリトアニアのリネンなど良い生地を集め、機能美を追求している坂田真由美さんのまえかけは13日までギャラリーショップSORAにて展示販売しております。まだの方はこの機会に是非お立ち寄りくださいませ。




 

さんいんmato 無事終了しました

2012.06.10 Sunday企画展│-

会期中、多くの方々に来場いただいた「さんいんmato」好評のうちに無事終了しました。最終日の今日は4時から交流会を兼ねたクロージングパーティー。参加していただいたクリエイターのみなさん、本当にありがとうございました。そしてイマジネーションの源となったマトリョーシカにも感謝して皆さんと記念撮影しました。
(写真撮影してくださったのは松下理一さん)
 

マト制作体験、大人気です!

2012.06.09 Saturday企画展│-

今日から2日間、鳥取グルメB1グランプリが始まりました。
B1グランプリの参加チケットが余ったら、市内のお店でも使えるようにと100円商店街というものを設けました。(6月末まで)ギャラリーは無料ですので100円を使ってもらうことが難しいと思い、▼こういう内容にしました。笑っちゃいますね!
冗談で終わるかと思いきや、なんと!早々に100円券を持って来られた方が・・もちろん、親切丁寧に対応させていただきました。ギャラリーそらを楽しんでいただけたでしょうか?!
▼今日のマト制作体験は子どもさんが多いです。
自由な発想でどんどん描いていってます。
▼出来ました♡
あれ?真ん中のmatoはどこかでお見かけした人に似てますね(笑)
写真家のようです。ニット帽かぶってますね。わかるかな?
 参加した方は夢中で制作されてます。はまるみたいですよ!
どんどん追加していたのですがもう残り3組となってしまいました〜♪
やってみたい人は急げ!!
予定数(30組)に達しましたので終了とさせていただきます。

6月6日のギャラリー日記

2012.06.06 Wednesday企画展│-

さんいんmato 4作品紹介(残り18作品)

2012.06.04 Monday企画展│-



▲初日に松江から来場されたマトリョーシカ大好きのお客様。
長時間在廊され、心ゆくまで堪能されたようです。
ありがとうございました。














さんいんmato 10作品 紹介(残り22作品)

2012.06.04 Monday企画展│-


















 

オリジナルマトリョーシカをつくろう♪

2012.06.03 Sunday企画展│-

 展示に来て下さったみなさんが、続々とワークショップにも
参加してくださっています!
今日はご家族でお越しの方々が、素晴しい合作を作ってくれました。

家族3人で仕上げた超力作。
1番大きいカラフルなのは息子さん、2番目のワイルドなのはお父さん、
3番目のアーティスティックなのはお母さん…家族で1セットを完成!!
それぞれの個性が光る、素晴らしい作品です。

作家さんたちの作品に刺激を受けたら、
ぜひオリジナルのマトリョーシカを作ってみてくださいね!
(スタッフ小林)

さんいんmato  20作品紹介

2012.06.02 Saturday企画展│-




▲岩上喜実「花柄マトリョーシカです。」
ポップな色と花柄がかわいいマトリョーシカ、岩上さんのイラストの世界そのままです。
イラストレーターとして数々の書籍のイラストを担当される他、
くらしにまつわる書籍の出版など活躍されています。
昨年9月には、岩上さんプロデュースのCaféが米子にオープン
したそうですよ。


▲川北洋子「つながってる」
人も動物も昆虫も、みんなつながっている…
ホッとするあたたかい空間ですね。
英国でエッグアートを修得された川北さんは、
米子で教室を開かれている他、各所でワークショップを開催
されています。エッグアート たまご工房~綾美~


▲橋本さゆり「カドウシキカイガテキマト
 ~移動可能な絵画のように~マトリョーシカをみる」
タイトルの通り、舞台のマトリョーシカを動かして楽しむことができます。立体であるマトリョーシカを絵画としてみる…
という面白い仕掛けです。色々なストーリーが出来そうですね。
作者の橋本さんは、過去にもギャラリーそらにて展示をして下さっています。橋本さゆり展 Sayuri Hashimoto Exhibition
〜The past and the future of "擬・ギ・戯”〜


▲mojamoja「あかマト1・2・3・4・5」
鮮やかな赤色を開けると、中にはまた鮮やかなブルーが!
開けるごとに新鮮なおどろき感があります。
マトたちの顔もとってもキュート♪鼻に番号がついています。
松江在住のmojamojaさんは、ぬいぐるみ・イラスト制作のほか、
web制作等、フリーで活躍
されています。
mojamoja ぬいぐるみ&イラスト


▲大森みず紀「鼻水マトリョーシカ」
お菓子のようにかわいいおんなのこたち…
しかし、みんな鼻水が垂れています。。
しかし、その鼻水には大切な訳があるんです!
作品の副題は「みんな鼻水を垂らしながら頑張って生きてる」
涙のあとの鼻水にはいろいろな想いが詰まっていますよね。
神奈川生まれ、島根育ちの大森さんは長野に移住され、
信州を中心に、山陰 関東 関西 愛知 世界で活躍中です。
はなみずおんなのこ


▲池田真木「Mother」
緑の中に仲良くたたずむマト一家。タイトルの通り、母なる大地と
家族のイメージです。マトの素材と、モザイクの色がマッチしてとっても素敵です。家の窓辺に飾りたい~!
期間中も、作者の池田さんがグリーンにお水をあげに来て下さっていますよ。池田さんは過去にもギャラリーそらでの展示に参加されています。
アート組曲 〜第一楽章〜 Art suite


▲安田よーこ「おもちゃ箱シアター」
「人生はドラマだ!というイメージ」で作られたという
素敵な色とりどりの劇場。マトリョーシカたちの今にも動き出しそうな表情がとっても魅力的です。一体どんな物語が始まるのでしょうか。
作者の安田さんは松江出身、グラフィックデザイナーとして活躍中。
「あしたの為のdesign」というデザインチームのメンバーで、
瀬戸内国際芸術祭等数々のデザインコンペで受賞されています。
あしたの為のdesign


▲カワチハルナ「wrap」
海や森など自然の風景を身にまとうマトリョーシカたち。
さわやかな風が吹いてきそうです。
一番ちいさなマトには人のシルエットが。
マト表面の、とってもきれいな質感は、
薄い用紙にプリントした写真を貼り付けて作られているそうです。
作者のカワチハルナさんは、写真や絵画を制作されています。

▲雲坂紘巳「イナバノシロウサギすごろく」
なんとマトリョーシカとすごろくです。
ひとコマ毎に「クスッ」「ハハハ」「へえ~」と発見がたくさんです。
雲坂さんの楽しいイラストを堪能しながら
イナバノシロウサギ伝説について楽しく学べますよ!
雲坂さんは因州和紙にアクリル絵の具で描くスタイルで、
イラストレーターとして活躍中です。
illustration BEANS


▲hanacandle-ohanashi(後藤華)「青い鳥」
ブルーのバラに囲まれたチルチルとミチル、後ろには魔女が立っています。ロウ細工のとってもとっても繊細な世界です。
アリなどの虫や、鳥たちなど細かく作りこまれています。
作者の後藤さんは、もともとブライダルキャンドルなどの、
キャンドル作りを手掛けていたそうですが、
今年からロウ細工で物語を表現することを始められたそうです。
hanacandle-ohanashi


▲上住祥直「経済成長」
テーマは「愛と世界平和」…ではないそうですが、さまざまな雑誌のコラージュで、うずまく欲望の世界が表現されています。
人物のパーツだけ切り取ると、こんなに生々しいんですねー。
作者の上住さんは、粘土、アクセサリー、プリントTシャツ、
デジタル写真等々、さまざまな手法で作品制作されています。


▲かげやままき「不思議の国のアリス」
トランプ模様の舞台に現れた「不思議の国のアリス」の登場人物たち。
いつか絵本で読んだ情景が浮かびます。
作者のかげやまさん自身が、子供の頃に読んだ物語の記憶を、
バラや書物など、物語に登場するモチーフとして、マトの内部にしまっているそうです。
かげやまさんは、手作り絵本や数々の雑誌などのイラスト、ワークショップなど、島根を中心に各所で活躍されています。
かげやままき


▲長谷実果「パリの蚤の市で見つけたマトリョーシカ」
アンティックな雰囲気いっぱいのマトリョーシカ。
蚤の市でこんなマトに出会ったら即購入してしまいます。
作者の長谷さんは写真家として活躍するほか、イラストやデザイン、
写真などを使ったハンドメイド雑貨づくり、コラージュ作品づくりなどの創作活動もされています。
micagraph
一昨年には、手作りフォト雑貨の本も出版されました。
手づくりおしゃれなフォト雑貨 ―J'adore!photoZAKKA ~大好きな写真でかわいいをつくるレシピ~


▲with*koyoute「甘党リョーシカ」
パイやタルト、チョコレートにクッキーなどお菓子に埋もれるマトリョーシカたち。甘党にはたまらない状況です。。小さなお菓子はとっても精巧に作られています。
作者の岩田さんは、リメイカーの縫製職人とチームを組み、ミニチュアクラフト作家として活躍中、その他イラストやコラムなども手掛けられています。
ミニチュアクラフト 雑貨 with*koyoute



















 

さんいんmato 作品紹介 「入れ子のエロス」

2012.05.31 Thursday企画展│-

▲ポコアポコや交差展、そしてJey`s アトリエの個展など
当ギャラリーですっかりお馴染み、頼れる臨時スタッフ
Jeyさんの作品です。
単体で設置していますが、来場者が入れ子を開けて行くと、あら?まぁ?
へぇ〜!えっ?ハハハとなってしまう仕掛けになっています。
▲昨日に引き続き、写真大好き理一先生の激写タイム(笑)
立ったり座ったり、汗をかきながら一生懸命matoの魅力を撮っています。
どんな写真になるか楽しみだなぁ〜♡
▲さて、スタッフYUMEちゃんですがワークショップにはまっています。
そのうちギャラリーの何処かに展示しましょうか。。
期間中、限定20人までワークショップ参加できます。
時間のある方は是非オリジナルマトを制作してみませんか? 

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
<< | 1/1PAGES | >>

ページのTOPへ戻る