Gallery SORA / SPACE kuu

HOMEGALLERY NOW

GALLERY NOW

グループ鳥 わたしたちの日本画展vol.2 新緑もゆる、風薫る、いま。終了しました

2015.05.27 Wednesday過去の展覧会・イベント│-

日本画集団 グループ鳥 主宰 白岡文江さん指導のもと楽しく真面目に研鑽を積んだ生徒の皆さんが機は熟したとばかりに4人のグループに分け、合計6回の展覧会を開催する事となりました。今年は3回(来月6月にも3回目が開催予定)、来年も3回(4・5・6月)開催します。教室全体でのグループ展と比べ個性がより明確に出る4人展。見応えがあります。2番目のこのグループは男性ばかり。シャイでナイーブ、ソフトな態度は女性人気の方ばかりです(笑)絵もそこはかとなく…繊細で優しさに満ちた作品ばかりです。
▼ 高階金一 作品群




▼井本一男 作品群
井本さんは湯気や霧、飛沫等、もやもやっとしたしたところが好きで、良く描いているそうです。



▼大賀節夫さんの描くピンクの仁風閣は愛らしい構図とムードが人気でした。



▼川口勝義さんの作品の中でもひときわ目を引く因幡の麒麟獅子。



吉田璋也の生活デザイン 第3部 NEXT DESIGN

2015.04.26 Sunday過去の展覧会・イベント│-


吉田璋也の生活デザイン  NEXT DESIGN
が1Fではじまりました。

鳥取民藝の過去、現在、未来…。
民藝運動を起こした柳宗悦に師事し、鳥取で新作民藝運動を展開された吉田璋也。そしてこれからの鳥取の民藝はどのように展開されるのでしょうか。
ギャラリーそらの会場では、「改革と再生」をテーマに現代風に見直された、新作民藝のシリーズが並びます。



▲ニニグリネクタイ



▲ボトルキャップと、美しい色合いの組合わせ盆

▲木工、陶芸、因州和紙、何人かの職人により完成されたWrap Lamp

▲陶器のコート掛け




また、25日、26日は旧吉田医院の一般公開もあり、
こだわりの内装も見学できます。吉田璋也の民藝に対する思いを直に感じていただけます。
ギャラリーそらより徒歩1分です。







吉田医院向かいの民藝美術館や、たくみ割烹へもぜひ足をお運びいただき、民藝エリアをたっぷり満喫していただきたいと思います。



吉田璋也の生活デザイン NEXT DESIGNは、ギャラリーそら1Fにて5月5日まで。
みなさまのお越しをお待ちしております
 

日本画集団グループ鳥 4人展 春風にさそわれて       わたしたちの日本画展vol.1

2015.04.17 Friday過去の展覧会・イベント│-

お天気に恵まれ初日から賑やかなスタートとなりました。
日本画集団「グループ鳥」の第1弾は春らしい華やかな彩りの展示となっています。
 


””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
九鬼容子 作品群

▼「花のささやき」

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
正木美恵子 作品群

▼「たまゆら」

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
池長りょうこ 作品群

▼釣自慢

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
礒岩壽満子 作品群

▼オレンジの風

日本画家 白岡文江さんの下で学ぶ生徒さんたちが今後6回に亘り4人展が開催されます。ベテランさんとなると30数年学んでいるとお聞きしています。個展をされなかったことが驚きでもあります。白岡さんによると「控えめな人が多く、私がお尻をたたかないと…今回やっと実現しました」との話です。グループ展は毎年されていますが1〜2点出品と違い個々の世界観がよくわかるようです。丁寧な仕事ぶりが気持ちのいい日本画展です。

水彩画展 横尾武之さんを迎えデモンストレーションの様子

2015.04.15 Wednesday過去の展覧会・イベント│-

透明水彩画は綺麗な色の特性を活かして描く、ということが簡単そうで意外に難しいことなのです。そのことを横尾さんは親切丁寧に教えてくださいました。水彩画入門です。。。若い方が多く集まってくださったので横尾さんも大張り切りです(笑)水彩画は誰でも描こうと思えば描けるとっつき易い趣味となりそうですが、これがなかなか奥が深く自分のスタイルになるまで試行錯誤の時間が相当必要だな…と思います。その時間を少しでも短くできるよう横尾さんが誰も教えてくれなかった技を惜しげも無くレクチャーして頂き、貴重なデモンストレーションとなりました。








横尾さんが名付けた「妖精のパレット」
ウインザーニュートンの絵の具だそうです。
綺麗な発色を会場でご覧下さい。4月末まで展示販売しております。ポストカードもすべて原画です♪

トンボ玉ワークショップ作品集〜田中佑佳さんを講師に迎えて〜

2015.03.31 Tuesday過去の展覧会・イベント│-

3月28日、29日は、田中佑佳さんを講師に迎え
トンボ玉のワークショップを開催しました。
両日とも、満員御礼、たくさんの方に参加いただきました。

好きな色、イメージした柄、ガラス棒選びは楽しい作業。

経験のある方、はじめての方、バナーに向かうときはみなさん真剣そのものです。
田中佑佳さんの楽しいお話、テンポある魅力的なご指導に、みなさんどんどんコツをつかんでいきます。
みなさんの力作の一部を紹介します!




























たくさんの画像をご覧頂きましたがいかがでしたでしょうか。
とんぼ玉ワークショップは世界に一つのオリジナルとんぼ玉だということがわかりましたよね♪
スタッフはお手伝いの方にまわりましたので今回は参加できませんでしたが、次回はトライしてみたいと思いました。
田中講師にも次回開催をしっかりお願いしましたので今回参加できなかった方やもう一度腕試しをしたい方、楽しみに待っていてくださいね。









 

Rooms ちいさなお店 はじまりました

2015.03.21 Saturday過去の展覧会・イベント│-

個性豊かなアイテムを揃え、ちいさなお店がオープンいたしました!
3/26日まで10:00〜18:00最終日16:30まで 会期中無休です!
参加アーティスト tomo, Rondo , Jey , roka

縫人tomoさんは、今回、革バッグ、クッション、バッグ等を展示。
甘すぎない「大人カワイイ」要素、他にない組合わせ、デザインが会場にアクセントを加えています。
今回Jeyさんとのコラボで制作された、ワンピースでは、技術面も注目していただきたく思います。


↑革製品のオーダーも受け付けています。

↑組合わせの楽しいクッション。

↑イラストレーション Jey   制作tomo

↑デザインJey  制作tomo

今回イラストや、服飾デザインをされた、Jeyさんの作品。
部分的に花柄を用いたワンピースは、春先にぴったりです。
布や和紙に描かれたイラストは植物や生き物をモチーフに、デザインされています。
会場で実際にぜひ見ていただきたい作品ばかりです。



ジュエリーデザインのroka さんは
ガラス、七宝、天然石、彫金技術を駆使し、デザイン性あふれるオリジナルアクセサリーを発表いたしました。
天然石のたて爪リングやペンダントは存在感があり、シンプルな洋服に組み合わせるとより印象的でお洒落度がアップします。
特別な日もお出かけの日も、素敵な演出のお手伝いをしてくれます。



↑roka 涼しい色合いのトンボ玉によるモビール

↑天然石のリングなど。

↑印象的で存在感のある、ペンダントトップ。


今回ZOOをテーマにアクセサリーを制作されたRondoさん。
個性的なインパクトと、楽しい雰囲気を大切にされています。
身につけるだけで、楽しい会話が弾みそうです♪



↑豚に真珠

↑真鍮のリングの展示もあります。

お気に入りのアイテムを探しに、rooms ちいさなお店に
ぜひ、お越しください。




 

郷土から日本・世界を視る古地図展 

2015.03.10 Tuesday過去の展覧会・イベント│-

吉田幹男さんが収集してきた古地図を一堂に展示しました。1Fは世界の古地図や伊能忠敬の地図、日本で最古の木版地図、逆さ地図や勝海舟が作らせたオランダの航海図を日本語に翻訳し、作り直させた地図等々、地図に興味が無かった人でも本当に面白く視れる展覧会となっています。2Fは鳥取県・鳥取市、その近隣県を中心にした古地図を展示しています。

▼オープニングでは現代版北前船コンサート、明楽(あきら)みゆきさんのチェンバロ演奏が古地図をバックに開催されました。優雅で壮大なロマンを感じたひと時でした。

▼オランダの地図を元に勝海舟が作らせたという地図。超細字の文字が木版画というのだから驚きます!日本独自の精密さは一見の価値有りです!!

▼逆さ地図!これを視ると日本の中心は山陰だった!?と吉田さんの説。
地図を見ていると想像の翼が膨らんでくるものですね。

▼鳥瞰図 日本最古の地図と言われています。下の地図は拡大コピーしたものです。富士山の次の高い山が大山とは?!不思議♪

▼吉田さんのコレクションは古地図(紙/書籍)だけではありません。陶器もあります。吉田さんは現在77歳になられますが多分、鳥取市では一番早くパソコンを手に入れた方だと聞いています。現在もヤフーオークションで興味のある古地図が出てきたらポチッとされているようです。吉田さんのギャラリートークは大変楽しいので是非会場にお越しくださいませ。15日(日)まで!!

川口敬恵さんの日本画展、連日の大盛況振り!

2015.03.01 Sunday過去の展覧会・イベント│-

開場前のギャラリー

開場前から続々とご来場頂いての3日目。大変な悪天候の中本当にこれだけのお客様に来場して頂くのはなぜでしょう(笑)答えは既にわかっています。まず川口さんのお人柄と作品。そして11人の同級生による実行委員が徒者ではない!、ご親戚の喜びと頑張り!これだけ条件の揃っていらっしゃる方はそういないです。




「風とのふれあい」後3日です。
まだの方は是非お立ち寄りください。とにかく絵に魅了されるはず♪♪
▼昨年から何度も何度も会議を開き準備を進めてこられた実行委員と川口さん、傍で見ていても羨ましい団結力でした。

 

川口敬恵 日本画展「風とのふれあい」 プレオープンの模様

2015.02.27 Friday過去の展覧会・イベント│-

川口敬恵(ゆきえ)さんの日本画展が始まりました。
2フロアに大作を中心に展示しています。3月4日(水)まで

プレオープンには招待者、同級生、親族と80人。
川口さんを応援するために集まりました。

川口さんのお礼の言葉に出席者は全員、心打たれたのではないでしょうか。
「絵の中の風を感じて欲しい」と話されていましたが 心清く聡明な川口さんそのままが絵に現れているようです。

祝賀会は同級生のお友達を中心に終始賑やかに、中学生と高校生の時に戻ったかのような華やかさでした。
74歳、まだまだ若いです♪♪若者に負けない純粋な絆パワーを感じた時間でした。
まだスタートを切ったばかりです。多くの方に川口さんの鳥取初個展、是非ご高覧いただきたいです。
( by owner )







 

創作クラブ「こみち」グループ写真展 終了しました

2015.02.25 Wednesday過去の展覧会・イベント│-

創作クラブ「こみち」として1ヶ月に2回、写真を撮りに「おもむくまま」活動しているのが「こみち」のスタイルです。
写真を始めてから笑顔が見れるようになったという、I さんのことを知りました。写真を撮るということは自分の心の眼で綺麗!とか不思議!とか可愛い!と感じるからシャッターを押すのであって、その素直な気持ちが心の癒しに繋がっているのかなぁと思いました。
最後にNPO法人来夢の陰の努力に拍手を送りたいと思います。優しく根気強く寄り添う。。これがあってこそ実現できた写真展です。期間中様々な方から温かいメッセージをたくさん頂き、ありがとうございました。(by owner)












ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
<< | 1/10PAGES | >> >>

ページのTOPへ戻る